HOME > 大学院工学研究院概要 > 大学院の沿革

大学院の沿革

横浜国立大学には、昭和38年には新制大学で初めて大学院工学研究科修士課程が設置され、昭和60年に博士課程が設置された。 この時、分野を超えた領域で活躍できる人材の排出の要請に応えるため、12学科まで細分化された学科を4学科に改組した。機械工学と金属工学が生産工学に、応用化学,材料化学(旧電気化学),化学工学,安全工学とエネルギー材料研究施設が物質工学に、建築学、土木工学、船舶・海洋工学(旧造船工学)が建設学に、電気工学と情報工学が電子情報工学に改組し、第二部機械工学と応用化学は第二部生産工学と物質工学に改組し勤労青年の教育のみならず、社会人の高等教育にも対応できるようにした。

平成9年10月から知能物理工学が理工系教育の強化を目的に首都圏では数少ない新設学科として開設された。一方、大学院工学研究科は上記改組時の生産工学、物質工学、計画建設学、電子情報工学に、平成8年から独立専攻として人工環境システム学が加わり、5専攻の博士課程により編成された。大学院には、本学工学部のみならず他学部や他大学からの学生、留学生、社会人学生ら毎年約250名が前期課程(修士相当)に入学し、約50名が後期課程(博士相当)に進学または入学し、発展した。

平成13年4月より、高度の専門教育と分野融合型科学技術に対応しうる広い視野からの教育を実現するために、従来の積み上げ型専攻である生産工学専攻、物質工学専攻、計画建設学専攻、電子情報工学専攻、知能物理工学専攻を共通の基盤に立つ専攻ごとに束ねた機能発現工学専攻、システム統合工学専攻、物理情報工学専攻の3専攻へ改編した。 また、改編後の専攻において、コース制を設けることにより高度できめ細かい専門教育を行う事が可能となった。

PAGE TOP